スーパー建築士の見方のコツ


「住宅情報」や新聞の折り込みチラシなどに掲載されている、いわゆる「物件情報」は、マンション情報の裏側を読み解くための重要な手がかりになります。とても小さな文字で書かれていますが、目を凝らし、想像力を働かせ、疑問点を調べることで、マンションの実情が見えてくる場合があります。
acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

「南向き・角住戸中心の3棟・101邸構成」がうたい文句です。3棟構成にしたことにより、総戸数101戸のうち74戸(73%)が南向き、また65戸(64%)が3面採光の角住戸という新しい住まいが実現したことになっています。小さな文字で書かれた「物件概要」をよく読むと、全敷地のうち、幹線道路から30メートルまでは防火地域、30メートルを超えた部分は準防火地域かつ第三種高度地区となっていることがわかります。つまり、幹線道路から30メートルを超えた敷地部分は、第三種高度地区という北側隣地に対して高さ制限が課せられた場所ということになります。北側隣地に対する高さ制限をクリアするために、マンション棟をできるだけ南側に寄せて配置した結果、マンション南側の生活道路との距離が近くなってしまっています。それほど広くない敷地に、1棟ではなく3棟の、しかも向きの不揃いなマンションが建っている本当の理由は、敷地の一部が第三種高度地区に引っかかっていることに端を発していたというわけです。このような条件の厳しい敷地に「角住戸中心の3棟」のマンションを詰め込んだ設計事務所の腕は大したものです。でも、狭い敷地に、3棟も詰め込むことは、デベロッパーの事業採算性を高めはするものの、居住環境としては決してほめられたものではありません。“南向き・角住戸”ということだけでとびついてはいけないということです。
ca072c8637a3bea1975ff983525b6f1d_s

 


新しく,お店の経営を検討している方はいらっしゃいますか?もしいましたら,ぜひ表参道エリアでお求めになりませんか?表参道エリアといえば,オシャレなエリアとして高い人気のエリアです。そのため,ここ表参道でお店を出したい方も多いでしょう?
そんな表参道エリアで賃貸事務所について検索しましょう。表参道エリアには豊富に賃貸事務所が立地しているってご存知でしたか?おしゃれな町として名高い表参道エリアでお店をオープンしておくと,きっと人気のお店になるはずです。
ぜひあなたもこの機会に表参道エリアで賃貸事務所をみつけて充実したお店経営について考えましょう!ぜひこの機会に表参道エリアの賃貸事務所について調べてみてください!

都心部の喧騒に少しうんざりしたので,少し離れた地域で生活すことにしました。そこで私は今どのエリアで引っ越そうかなと思っていて色々調べていて,気になるエリアを見つけました!それは,調布市です。
調布市って都心へのアクセスにも優れていてまた,駅近くには大型商業施設などもあることから,ショッピングも楽しむことができるそうです。その生活至便なエリアということもあって多摩地域の中心地として栄えているようです。
そんな調布市へと引っ越すことを決め色々物件を探していたのですが,特に気になる物件が見つかりました。
それは,ライオンズ調布つつじヶ丘シーズンズヒル。ネットしかまだ見ていないのですが,大型分譲マンションということもあって威風堂々とした構えです。和室もあるみたいなので,ライオンズ調布つつじヶ丘シーズンズヒルへと引っ越すことに決めました!

東京都中央区に広がる日本橋エリア。江戸時代のリーダー的な街だったことで知られるこのエリアは,都心部への通勤・通学が非常に便利であるほか,生活環境が充実していることか日本橋周辺なら利便性が高い生活が叶うでしょう。日本橋の家賃相場は割高ではありますが,それだけの価値が日本橋にはあります。また賃貸物件も豊富にあるので,ライフスタイルやニーズに合った物件を見つかるでしょう。中でもオススメなのは,総武本線が乗り入れる馬喰町駅より徒歩2分のコンフォリア日本橋人形町なんです。同物件は一人暮らし向けの賃貸物件ではありますが,セキュリティ設備やその他諸々の設備が充実しているので,暮らしやすさにご満足出来るはずです。近くに商業施設もあるので,ショッピングも便利ですよ。せっかくなのでコンフォリア日本橋人形町の詳細をご覧になってはいかがでしょうか?